50tama.gif(4349 byte) 地域通貨「たま」
「たま」を使って「ありがとう」のキャッチボール
100tama.gif(5012 byte)
logoA.gif(2994 byte)
town10.gif(16893 byte)  私たちの地域での生活は便利に豊かになり、他人と直接的な関わりを持たなくとも生活ができるようになりました。
 その結果、人を思いやる優しい関係が作りにくくなり、コミュニティが育ちにくくなりました。
 そのような地域は子育て世代や高齢者世代には暮らしやすくありません。
 誰もが暮らしやすく、住み続けたいまち、のキーワードは“参加”と“つながり”です。
 それを作り出すツール(道具)が地域通貨「たま」なのです。
 

掃除をしてもらう

不揃いの
野菜をもらう
庭のお花
をもらう
「たま」の流れ
モノやサービスの流れ

子供を預かってもらう
パンを買う 犬の散歩をしてもらう
ヘアカットをしてもらう 診察してもらう
里山保全
活動をする
里山保全活動団体
寄付
ペット病院